肝斑とシミの見分け方

肝斑とシミの見分け方

シミの改善には効果的な成分といえばビタミンが有名ですね。ただ、シミの種類によってはビタミンを摂取しても効果を得ることはできません。
肝班と呼ばれるシミは30代以降に見られるものですが、ビタミンの効果は発揮されないと言われています。
自分のシミが肝班かどうか判断がつかないときは、今一度鏡を見て確認してみましょう。肝班の場合は左右対称にシミが現れたり、シミの輪郭がハッキリしていないといった特徴があります。肝班が発生する原因には、紫外線や女性ホルモンの影響があります。出産経験のある女性に多く見られる傾向があります。
同じシミでも紫外線によって発生したシミは、ビタミンを補うことで改善する場合がありますが、特に顔のシミは完全に除去することが困難だと言われてます。
肝班は消すことができるのでしょうか?肝班の改善に有効な成分に、トラネキサム酸という合成アミノ酸があります。トラネキサム酸は美容分野で使われるだけでなく、医療の現場でも使われている成分です。白血病や血友病に処方したり、止血剤として利用されています。
トラネキサム酸を服用すると、肝班の解消に役立つと言われています。1日3回トラネキサム酸を配合した錠剤を約1ヶ月間継続摂取すると、肝班が目立たなくなるようです。ただ、肝班が薄くなっても服用を止めず、飲み続けることでさらに効果がアップします。肝班にお悩みの方は、専門の医療機関で処方してもらうことをおすすめします。
通常のシミだと思いレーザーなどのシミ治療を行うと、肝班が治りにくくなるので注意しましょう。