レーザー治療でシミを取るなら

レーザー治療でシミを取るなら

シミ取りに効果的な方法といえばレーザー治療です。エネルギーの強いレーザーを照射することで、目立つシミが改善されていきます。
肌内部の真皮層にあるメラニン色素は、シミを作り出す原因になります。レーザーを当てるとメラニン色素が破壊されてシミが目立たなくなります。シミを取るレーザーには、いくつかの種類があります。
顔にできたシミのうち、広範囲にわたるものに効果を発揮するのがフォトフェイシャルです。一度に広い範囲をカバーできるレーザーのため、注目のシミ取りマシンとなっています。また、シミ以外の肌トラブルにも効果を発揮します。そばかすやくすみなどの色素沈着が目立つ肌の改善効果も実感できます。フォトフェイシャルの場合、レーザー治療といっても受けたその日から化粧や入浴が可能なため、体に負担がかかりません。レーザー治療が初めての方でも、手軽に受けられることで注目度が高くなっています。
レーザー治療には、メリットとデメリットの両面があります。メリットの部分では、シミのある部分だけにレーザー照射を行うため、それ以外の肌が影響を受けることがありません。肌に負担を与えず、効率よくシミを取ることができます。他の美容施術と比べても、レーザー治療は短時間で終わることもメリットです。
一方デメリットとなるのは、レーザー治療の種類によっては痛みを感じることです。実際にレーザー治療を受けた方は、輪ゴムが当たるような痛さだと表現しています。また、治療後は跡が残り、しばらく赤黒さが消えません。小さいシミなら多少跡が残っても気になりませんが、広範囲のシミや目立つ場所にあるシミの場合は、人と接することも躊躇うかもしれません。しかし、治療後の跡はいつまでも残るわけではありませんから、レーザー治療を受けるメリットは大きいと言えるでしょう。