シミができる原因とは?

シミができる原因とは?

顔にシミが発生すると、気になって仕方がありませんね。シミに悩む女性は多く、シミ対策のスキンケアコスメは数多く販売されています。また、美容関連の雑誌でも、シミ取りの情報は良く見かけます。美しい肌を目指すなら、一番目立つシミを何とかしなければなりません。
シミは顔だけでなく手の甲などにも現れます。別の場所なら衣類で隠すことができます、顔や手は隠すことができず人目につきやすい部分です。また、シミに悩んでいるのは男性も同じです。男性の場合は女性のように化粧をすることができませんから、余計に気になるでしょう。
では、なぜシミが発生するのでしょうか?
肌は常に紫外線にさらされています。外に出るときはもちろんですが、室内にいても窓を通して紫外線が差しこんできます。紫外線を浴びた肌はメラニン色素を生成し、沈着することでシミとなって現れます。ただ、メラニン色素は紫外線から肌を守り、ダメージを与えないために存在しています。また、日焼けをしてメラニン色素が生成されたとしても、正常な代謝を行っていれば沈着せずに、新しい細胞に押し出されて剥がれ落ちるようになっています。色素が剥がれれば、元の肌に戻るわけです。
つまり、代謝の低下がメラニン色素の沈着を起こしています。代謝が落ちる原因には年齢もありますが、潤いが不足するなどの手入れ不足も考えられます。
では、発生してしまったシミは、どのようにケアすれば良いのでしょうか?
シミを取り除く方法は複数あるため、自分の肌質や好みで選ぶことができます。最も一般的に行われているシミ取りといえばレーザー治療です。しかし、レーザー治療はシミの原因や種類によっては適していないことがあります。年齢を重ねた肌に発生する肝斑の場合は、レーザー治療は向いていません。自分のシミの種類を見極め、適切な治療法を選択しましょう。